山梨県の建設コンサルタント ヘッダー
トップページ 経営方針 会社概要 品質管理 事業実績 環境活動 人材募集 アクセス
お問い合わせはこちら サイトマップ 個人情報の取扱いについて
採用情報

「インターンシップ」の受け入れについて

毎年8月~9月に一週間程度インターンシップの受け入れを行っております。
今年も実施いたしますのでご希望の方は下記までご連絡下さい。

Phone 055-230-6300 / Fax 055-230-6301
E-mail:info@sanpoh.co.jp
株式会社サンポー  総務部 小宮山

新卒メッセージ

    私は、生まれ育った山梨県の発展に貢献できるような仕事がしたいという気持ちを、大学で土木を専攻する頃から心に抱いていました。大学に入ってからは、様々な職種について研究し、その中でも自分は、社会インフラの計画や設計といった業務を行っている建設コンサルタント会社に入りたいという気持ちが強くなりました。特にサンポーという会社は、規模は小さいものの、地元山梨に特化した業績があり、地元貢献という自分の希望を叶えるには最も良い会社だと思い、サンポーに入社することを決めました。
    平成31年4月に入社してからの約1年間で、橋梁・トンネル点検から始まり、その他にも、橋梁維持管理計画やトンネル照明更新設計、そして災害復旧設計といった様々な仕事を経験することができました。当たり前ですが、当初は仕事のやり方が一切分からない状態からのスタートです。私は、担当プロジェクト毎に構成されたチームの方々からの指導を仰ぎながら一所懸命に仕事を覚えるように心掛けました。その結果まだ1年ちょっとしか経験していないのですが、部分的な設計計算やCADソフトを使っての簡単な図面作成などを任せていただけるようになりました。さらに、研修や講習会などにも数多く参加させていただきました。これからはさらに知識と経験を積んで、資格取得にチャレンジしたいと思います。
    また、今まで当たり前のように利用している道路や橋、トンネルなどを造ること、安全・安心に使い続けることができるのは、県や市町村などの自治体と建設コンサルタントがタッグを組み、事業を進めているということを知りました。言い換えれば、建設コンサルタントは自治体などに対し、知的専門家として事業を支援しています。私が今、最も感じているのは、自治体などの発注者との打合せに同行した際、上司や先輩方は、発注者と対等に、いやそれ以上に技術的根拠を論理立てて話ができるということです。私にも先輩方のような立ち振る舞いがいつかはできるようになるのだろうかと多少不安にはなりますが、少しでも近づきたいという気持ちでいます。まだまだ分からない事ばかりですが、これからも多くの仕事を経験し、発注者からも、先輩からも頼られるような技術者になりたいと思います。
    最後に学生のみなさん、山梨県の社会インフラ事業を陰で支えるという地道な仕事ですが、ぜひ私達の仲間になりませんか。

平成31年4月入社
石川 卓人(山梨大学工学部土木環境工学科卒)

募集要項

お問い合わせ

山梨県甲斐市竜王新町2277-15
Phone 055-230-6300 / Fax 055-230-6301
E-mail:info@sanpoh.co.jp
株式会社サンポー  総務部 小宮山

お問い合わせ | サイトマップ| 個人情報の取扱いについて

Copyright (C) 2011- Sanpoh Co.,LTD All Right Reserved.